携帯の利点

ワンセグチューナーの本命は携帯です。
ワンセグは解像度が低く、小型画面でないと画像が荒れることも一因ですが、視聴者参加型のクイズ番組など、通信機能を使った双方向サービスが実施できるという利点があります。
NTTドコモでも、初の「テレビケータイ」である「P901iTV」を市場に投入しました。

「P901iTV」は、2.5型の液晶画面を90度回転させると、自動的にテレビに切り替わります。
視聴中の番組を内蔵メモリーに約30分録画できるほか、EPG(電子番組表)を使った番組選択や視聴予約が可能であることもワンセグチューナー付きの携帯の利点です。
さらに、ワンセグチューナーやGPS機能の付いた携帯は、緊急時のライフラインとしても重要な役目を果たします。

auやソフトバンクも既にワンセグチューナー付き携帯電話をデビューさせています。
「ワンセグチューナーの本命は携帯」が旗印となり、今後の競争は、電池の持続時間や、番組の録画時間あるいは、再生機能の多様化が携帯各社の課題となるでしょう。
今後、ワンセグチューナー付きの携帯の利点を生かした機種やインフラの発展が期待されます。


おススメ商品

しばらくお待ちください...