携帯の課題について

ワンセグチューナー搭載携帯の課題は、消費電力の低減とバッテリー能力の向上です。
ワンセグチューナー搭載携帯の連続視聴可能時間は、2~3.5時間となっています。
ユーザーのワンセグ放送視聴時間は、通勤時間帯や昼休み時間などに集中しており、現在の連続視聴可能時間で問題ないのですが、通話やパケット通信も併用することになるとバッテリーの使用可能時間をもう少し長くするという課題が出てきます。
また、ワンセグ用緊急警報放送に対応するためにも、ワンセグチューナー搭載携帯の消費電力の低減とバッテリーの性能を向上は、今後の課題となっています。
各メーカーは、蓄電池の採用やLSIの省電力化などの取り組みを行っており、ワンセグチューナー搭載携帯性能の向上が期待されます。


おススメ商品

しばらくお待ちください...