ワンセグチューナーの視聴エリアの拡大

ワンセグチューナーの視聴エリアは、今後、「ワンセグ」受信機の普及の度合や、視聴者のニーズなどを勘案しながら拡大されています。
ワンセグチューナーの視聴エリアでない場所、いわゆる"不感地域"対策が行なわれています。
通常のテレビに向けた地上デジタルテレビ放送(12セグメント)は、2006年12月までに全国の放送局で開始され、その後主要な中継局でも順次開始されますので、地上デジタルテレビ放送の「ワンセグ」のエリアの拡大も同様に急速に広がっていきます
見通しのよい場所で電波が十分に届いているところでは、視聴エリアは高速道路や電車など移動しながらでも視聴が可能です。
但し、「ワンセグ」携帯端末の場合は、電波がさえぎられる場所や電波の届かない場所では、受信できないこともあります。


おススメ商品

しばらくお待ちください...