デジタル録画

ワンセグ放送によりデジタル録画した番組を高画質のままコピーすることができるため、ワンセグチューナーの需要は広がっています。
しかし、一方では録画映像を加工して二次利用したり、商売用に使用したりなど、著作権侵害の問題が出てくる可能性があります。
アナログ放送に限らずデジタル放送においても、個人で楽しむ場合を除き、デジタル録画した番組をダビングして他人に配ることは著作権侵害であり違反になります。
そのため、デジタル放送にはコピー制御「RMP」(Rights Management and Protection)が採用されています。
ワンセグチューナー搭載機器で録画した番組を他のデジタル録画機器にダビングすることはできません。
また、ワンセグ放送を含むデジタル放送のほとんどの番組には「コピーワンス」という1回だけ録画が可能になる信号が付加されているため、デジタル放送のデジタル録画は1回のみ可能となります。


おススメ商品

しばらくお待ちください...